数千万羽単位で広がる鳥インフルエンザとエイズ患者

鳥インフルエンザの発生は著しいものがあり、中国やアメリカを中心として何千万羽という単位での鳥が自然に死んだり、殺処分を受けたりしている状況があります。アメリカではもはや全土に渡って広まる傾向があることから、新型インフルエンザの発生を防ぐためにもその対応に追われている状況があります。日本においても数十万羽の単位で殺処分が必要となった場合もあり、その経済への影響も甚大であることは想像に難くないものとなっています。鳥は羽を持っていて飛ぶことができるために、海を渡って広がる可能性もあることから、鳥インフルエンザの問題は各国内のものではなく、世界的に取り組むことの必要性が唱えられるようになっています。その治療に用いることができるタミフルは日本においては最も人気のある治療薬ですが、鳥インフルエンザの影響を受けて世界的にも注目度が高まっています。完治までの期間を一日短くすることができると期待できるのがタミフルの服用による効果であり、それによって多大な恩恵を受ける人も多いからです。エイズ患者はその代表格であり、免疫系が傷害されてしまっているためにインフルエンザにかかりやすいだけでなく、その抵抗力も低いという状況にあります。そのため、エイズ患者がインフルエンザにかかると重篤化しやすく、一日でも早く回復するということが合併症を防ぐことにもつながるのです。エイズ患者以外にも高齢者や小児など、ハイリスクの人たちにとってタミフルで少しでも早く回復できるというのは重要なことになります。鳥インフルエンザが流行したとしても、タミフルがあることによって、こういったハイリスクの人たちが重篤な状況になるリスクを下げることができるでしょう。