タミフル開発後も必要な接種のための経理処理の普及

インフルエンザの流行は毎冬に起こるものであり、誰もがその予防を心がけていきます。その基本として古くから多くの人に支持を得てきているのがワクチンを用いた予防接種による対策です。毎年、やってくるシーズンに流行するであろうインフルエンザの型が予想され、それにしたがってワクチンが製造されて予防接種に用いられています。平成26年においては三価ワクチンが採用されました。平成26年から平成27年にかけての冬季に流行すると予想されたものが、H1N1の豚インフルエンザA型、A型香港、季節性のB型インフルエンザの三種類だったからです。毎年高い的中率で多くの人を救っているのがこういったワクチンであり、平成26年においても流行の中心となったのはA型香港と季節性B型インフルエンザでした。しかし、A型香港はワクチンが効きづらいこともあって絶大な効果は得られなかったものの、それでも多くの人々をインフルエンザの脅威から救ったものとして高い評価を受け続けています。そのため、タミフルによる治療が広まった現代でもワクチンの接種を推進する傾向は強まる一方です。会社では従業員に予防接種をさせてうまく経理処理することも増えています。特定の人を相手にする場合には給与として経理処理をすることになりますが、全体に呼びかける場合には福利厚生費として経理処理することができるのです。タミフルが治療に役立つとはいえ、インフルエンザにかかってしまった従業員からお客への感染は会社としては回避しなければならない事態です。未然に防ぐという意味ではタミフルよりもワクチンの予防接種の方が通常の人には低コストで確実性もある方法であり、会社としては採用しやすい予防策なのです。