タミフルにまつわる飲酒と湿度計について

タミフルと言えば、抗インフルエンザ薬で、平成11年にインフルエンザ薬の初の飲み薬として発売されました。今では世界中で多く使われています。タミフルは1日2回1回1カプセルを5日間服用し続けます。基本的にはお水で服用しましょう。毎晩飲酒される方はお酒でタミフルを服用しないでください。飲酒してから約2時間あけてからお水で服用しましょう。タミフル以外でも薬はすべて同じで2時間あける必要があります。まずはインフルエンザに罹らないようするのがいいです。マスクを着用したり、外から帰ってきたらうがや手洗いをしましょう。日頃のそのような対策が大切です。また室内を乾燥させないようにしましょう。加湿器を置いておくのがいいです。特にストーブや暖房器具で暖めているとどうしても乾燥しやすくなります。室内に湿度計を設置しておくと、湿度がわかりやすいのでいいです。湿度計は百円ショップでも販売されています。高いものではないので、1つの目安として取り付けておくのがいいです。毎年10月からインフルエンザワクチンの接種が始まります。ワクチンを接種することも大事です。仮に罹っても軽い症状ですみますので、必要な方はぜひ受けておきましょう。特に医療従事者は会社でおこなっています。またお年寄りは市町村で一部負担があります。とにかくタミフルに限らず薬を飲むとき、飲酒は控えましょう。そして湿度計で毎日の湿度状態を確認しましょう。罹って苦しむよりも前もっていろいろな対策を講じていると準備ばんたんです。インフルエンザの流行期は年によって違います。国内ではこの10年の間に大流行はなかったですが、先のことはわかりません。まずは罹らないようにする対策です。