エボラの感染に注意喚起とタミフルに効果はあるのか

西アフリカで猛威を振るっている病気でエボラ出血熱があります。非常に高い致死率が高く、有効な治療手段が確立されていない病気です。海外旅行にいくときはエボラの感染に注意するように注意喚起されるケースが増えました。

さて基本的にエボラのウイルスは日本国内で普通に生活しているだけでは、まず感染することはありません。感染するためには、感染者に直接接触することでウイルスが体内に侵入する必要があります。この病気は恐ろしい病気であるけれども、空気感染をすることはなく、感染者と接触をする機会がなければ感染をする可能性はないのです。

注意喚起が必要なのは、アフリカなどの海外へ行く人に対してです。それでも患者と接触することがなければ感染することはありません。またアフリカから直接日本へ向かう航空便は一つもありません。一回別の場所を経由する必要があります。また入国時にはサーモグラフィーを用いて体温を確認したり、注意喚起をすることで国内にウイルスが持ち込まれることを防いでいます。

インフルエンザの治療薬として研究開発されてきた薬が、エボラにも効果があるのではないかというニュースが流れたことがあります。インフルエンザの特効薬としてタミフルがありますが、はたしてタミフルは効果はあるのでしょうか。

エボラとインフルエンザ、種類は違うけれども、どちらもウイルスが原因でおきる病気です。ウイルスの増殖を阻止することができれば治療薬として機能するはずです。ところがタミフルはエボラには効果がないことがわかっています。ウイルスが増殖するメカニズムが違うため、インフルエンザウイルスの増殖阻止には効果があってもエボラウイルスには効果がないのです。